起床時にやって良いこと、いけないこと

1.起床するためにやってはいけないこと

大きな声や音で起こす。

交感神経がびっくりして寝起きが悪い状態になります。

人の声はもちろん目覚まし時計も同様です。

くすぐるなど触って起こす。

お化け屋敷で何処からともなく触れられると不安になるのと同じで寝ている時にくすぐるなど刺激があると交感神経がびっくりして寝起きが悪くなります。

やって良いこと

1.光を当てる。

太陽が昇ると共にサバンナの動物たちが目覚めるのと同じ、人間にも光によって目覚める力が備わっており、自然です。

机上時間15分前から徐々に明るくなるのばベスト。

親が子どもを起こす場合は窓のカーテンを開けて15分程度、時間を置いてからやさしく声をかけて上げると良いそうです。

15分間隔を開ける理由は瞼が光を感じてカラダが起きるモードになるまで準備段階として必要な時間です。

ひとり暮らしで朝が辛くて起きることが出来ない人向けに光による目覚まし時計も販売されています。

3.起床直後にやってはいけないこと

起きて直ぐに活動する。

高齢者に多い心筋梗塞は朝、目覚めた直後に起きることが多いのだとか。

身体が完全に起きていない状態でいきなり外へ出てラヂオ体操なんて健康そうに見えて実は危険です。

高齢になるほど起床後(風呂に針生時も同様)は直ぐに動かず、約30分間を準備時間に充てます。

具体的には朝の身支度や食事などゆっくり取った後で活動をするようにしましょう。

なかなか寝付けないと悩む人におススメ!L-テアニン配合サプリNEMLINA(ネムリナ)感想

50歳過ぎた頃より夜中2~3時に途中覚醒後、再び眠ることが出来ないことが続いて悩んでいた時の事、L-テアニン配合サプリとして話題の【NEMLINA(ネムリナ)】をモニターとして試す機会に恵まれました。

睡眠薬を処方して貰うまで深刻ではないも美容と健康のためにしっかり眠りたいと思っていた私には救世主的存在となりました。
“なかなか寝付けないと悩む人におススメ!L-テアニン配合サプリNEMLINA(ネムリナ)感想” の続きを読む

睡眠の質を上げるためにやっておきたいこと

睡眠時間はきっちり確保している筈なのに寝起きが悪い、昼間眠くなる、朝起きると何処かカラダが痛いことが多い人は睡眠の質に問題があるかも知れません。

睡眠の質が悪くなる原因を掘り下げると共に質の良い睡眠をとるためにやっておきたいこと、出来ることをまとめてみました。

写真:九十九里温泉にて撮影。朝の散歩&ストレッチは良質な眠りに繋がります♪

“睡眠の質を上げるためにやっておきたいこと” の続きを読む

マットレス離婚を防ぐ3か条

寝具=マットレスが原因で離婚なんて大袈裟だなぁ~と思っていたら大間違い!

「快眠セミナー」に参加。「夫婦円満と睡眠の関係性」について快眠セラピスト・睡眠環境プランナー三橋美穂さん(以降、快眠セラピスト)から話を訊いてくることができました。

“マットレス離婚を防ぐ3か条” の続きを読む

何時間寝れば良いのか?

マライアキャリーはコンサート前、数日前から15時間も寝ているとのこと。

2017年放送NHK「美と若さの新常識」によると今世界で、とりわけ美容と健康に関心が強い人を中心に睡眠に対して大きな注目が集まっているそうです。

美と若さのためにいったい何時間寝れば良いのかまとめてみました。

“何時間寝れば良いのか?” の続きを読む