高反発マットレス徹底検証

高反発マットレスの特徴

高反発マットレスの最大の特徴はメッシュ構造を持っていることです。

メッシュ構造によって通気性が高くなると共に寝返りをサポートします。

高反発マットレス特徴まとめ

✅反発力が高い。
✅通気性が高い。
✅水洗い可


^TOPへ戻る^

メリット・デメリット

メリット

  • 寝返りしやすい※。
  • (低反発に比べて)寿命が長い。
  • 通気性が良い。
  • 水洗いできる。

※反発力が高いことによって寝たときに体があまり沈み込まず、寝返りが打ちやすくなります。

デメリット

  • 通気性があるため冬に底冷えを感じる。
  • 固さによって背中が痛くなることがある。
  • 腰が浮くことで腰痛になることがある。

 
^TOPへ戻る^

素材をチェック

高反発マットレス(メッシュ面)の反発力をチェック

高反発マットレス 反発力1-1

カバーを外した状態で高反発マットレスの反発力をチェックしています。

一般的に高反発マットレス=ウエイトが載っているメッシュ構造のマットレスを差します。

ショップジャパン販売「高反発マットレス」の場合、好みの固さ、使用感でリバーシブルに使う事ができるよう二重構造になっています。

高反発マットレス 反発力1-2

別角度より高反発マットレスの沈み方をチェックしています。

5㎏ウエイトもしっかりマットレス自体が反発している様を確認することができました。

カバーをした状態の高反発マットレス2-1

メッシュ側=表でカバーをつけた高反発マットレスの反発力をチェックしています。

カバーをした状態の高反発マットレス2-2

別角度から。

カバーをつけることで布地の張力も加わって反発力が更に強くなっています。

高反発マットレス(フラット面)の反発力をチェック

高反発マットレス 反発力2-1

一般的ではありませんがショップジャパン販売高反発マットレスならではリバーシブルで使える反対側マットレスの反発力もウエイトを載せてチェックします。

高反発マットレスに代表されるメッシュ構造ではないも高反発マットレスと謳うだけのことはある(?)フラット面もしっかり固めに出来ていました。

2-2

別角度から。

メッシュ構造よりもフラットである分、ウエイトを均一に押さえる力はありそうです。

カバーをした状態の高反発マットレス2-1

フラット面を表にしてカバーをした状態の高反発マットレスです。

カバーをした状態の高反発マットレス2-2

カバーをした状態で比較すると前出メッシュ面より若干柔らかく感じます。

^TOPへ戻る^

高反発向きの人とは?

寝返りが多い。

高い反発力で寝返りをサポートします。

筋肉質・体格が良い。

反発力が高いことから重たい体が載っても沈み込み過ぎる心配がありません。

暑がり

寝ている間、多くの熱は床面から放出されていきます。

高反発マットレスの場合、通気性が良いことからマットレスに熱がこもる心配がありません。

汗かき

水洗いできるため汗をかいても衛生的に使うことができます。

^TOPへ戻る^

選び方ポイント

選び方ポイントまとめ

  1. 一定の厚みがある。
  2. 網目構造に密度がある。
  3. 使用後であっても返品できる。

記事で紹介した高反発マットレスを購入するには?

記事で紹介した高反発マットレス(オーバーレイ、リバーシブルタイプ)はショップジャパン公式オンラインストアにて購入することが出来ます。




参考にしたメディア、文献等:トゥルースリーパーセロ解説書byショップジャパン

^TOPへ戻る^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six − five =